入賞者

【大賞】

「はやくおきちゃった」
サワイワタル

【優秀賞】

「はりねずみのイーゲル」
いそがいこういちろう
「きみのこえがききたいの」
月井菜生

【佳作】

「100年の小鳥」
砂川かおり

今回もたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
4回目となる今回は、235作品のご応募をいただきました。

コロナ禍でいろいろな制限がかかり、繋がりが薄れている中にあっても忘れず大切にしていただきたい、そんな想いで今回のテーマを「つながり」といたしました。
一次選考では133作品、二次選考では60作品、最終選考では13作品の中から、応募者の皆さまの様々な感性と多様性に驚き、また感動しながら厳正に審査を進めさせていただきました。審査員の先生方からは異口同音に「全体的に作品のレベルが向上している」との評価をいただき、皆さまの熱意と「ビルボ絵本大賞」が浸透してきたことの結果であると喜ばしく感じています。回を重ねるたびに益々皆様に喜んでいただける絵本を世に出し、子どもたちの心を育んでいくお手伝いができれば幸いです。

ビルボ絵本大賞は、これからも永く読み継がれる絵本を後世に残したい、優れた絵本作家の発掘に貢献したい、そんな想いを込めて開催してまいります。今回の大賞作品もたくさんの方々に読んでいただきたいと願っております。
最後になりましたが、今回の募集にあたり作品を応募して下さった皆さまに、心より感謝申し上げます。

主催 株式会社ビルボ
運営 株式会社メディア・エーシー
選考委員 ・画家、イラストレーター ささめやゆき
・絵本作家、翻訳家 石津ちひろ
・こどもの本コーディネーター さわださちこ
・株式会社コッコ・サン 代表取締役 森本ちか
・株式会社ビルボ 代表取締役社長 武内優樹
・株式会社ビルボ 取締役顧問 武内正文
〈2次選考〉認定NPO法人 高知こどもの図書館

【選考委員プロフィール】


ささめやゆき
1943年東京生まれ。版画、イラストレーション、装画、絵本の分野で多くの作品を発表。「ガドルフの百合」(偕成社)で小学館絵画賞、「あしたうちにねこがくるの」(講談社)で日本絵本賞、「彼岸花はきつねのかんざし」(学習研究社)で赤い鳥さし絵賞を受賞。作品に「マルスさんとマダムマルス」(原生林)、「幻燈サーカス」(BL出版)、「はだかのカエルとはだしのライオン」(講談社)など多数。国内外で個展を開くなど活動の幅は広い。

石津ちひろ
1953年愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。3年間のフランス滞在を経て、絵本作家、詩人、翻訳家として活躍中。「なぞなぞのたび」(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、「あしたうちにねこがくるの」(講談社)で日本絵本賞、「あしたのあたしはあたらしいあたし」(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。翻訳の作品に「あおのじかん」(岩波書店)、「リサとガスパール」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。

さわださちこ
幼稚園勤務、書店員などの仕事を経て、町の小さな書店さんをディスプレイする「猫の手お助け隊」の活動や、絵本イベントの企画などをしている。著書に「猫を愛する人のための猫絵本ガイド」(講談社)、「ちょっとの時間で魅力UP!!本棚のディスプレイ」(全国学校図書館協議会)、絵本に「はなちゃんとぷーさんのおみせやさん」(大島妙子・絵、小峰書店)、「あ、あ!」(偕成社)などがある。

たくさんのご応募ありがとうございました!


第1回大賞作品 公開中!
「そこで ええ花 咲かせてや」
はっとりひろき
第2回大賞作品 公開中!
「テナベさんのふしぎなかえりみち」
mayfan
第3回大賞作品 公開中!
「がるるにんじゃになる」
ふじかわたかこ



問い合わせ先 株式会社メディア・エーシー
ビルボ絵本大賞事務局
TEL:088-879-0355(平日10:00~17:00)